21世紀は「インテリアの時代」といわれます。

社会、生活、趣味の多様化に伴い、日々の生活や仕事の場も、より自分らしく表現することが求められる時代。
インテリアプランナーは、そういった社会、個人のニーズにあったインテリア空間を、「より高いレベルで」実現する、知識と技術を有したインテリア設計士です。

当サイトでは、インテリアプランナーの仕事内容、就職、独立の方法、スキルアップ、資格取得に焦点をあて、今後ますます重要視されていくであろうインテリアプランナーを分かりやすく解説しています。インテリアプランナーを志すかた全てのかたに広く使っていただけるサイトを目指しています。

インテリアプランナーへの道-資格取得・合格・求人まで項目一覧


CATEGORY TITLE

今注目のインテリアプランナー

インテリアプランナーとは
インテリアプランナーとは、顧客の希望する空間をより高いレベルで実現する、知識と...
インテリアプランナーの必要性
インテリアスペースを供給する際に、住む人やオーナーなどの要望に対した空間を創造す...
インテリアプランナーへの注目度
インテリアコーディネーターが、次に取りたい資格としてあげられているのがインテリ...
インテリアプランナーになるための必要能力とは
まず必要な能力は、インテリア空間をより高いレベルで実現するためのインテリア設計...
インテリアプランナーに向いているのは男性?女性?
現在のインテリアプランナー資格者の90%は男性であるというのが現状で、これはプ...
人気の出てきたインテリアプランナー資格
インテリアプランナー資格と比べて、インテリアコーディネーター資格が一般の人々に人...
インテリアコーディネーターとプランナーの違い
インテリアスペースを設計する際のコーディネーターとプランナーの違いは、コーディネ...
建築家も注目するインテリアプランナー
これまでのインテリアの仕事といえば、建築家によって建築設計の仕事の流れの中で行...
仕事範囲の広いインテリアプランナー
インテリアプランナーの仕事は範囲が広く、一般住宅はもちろん、マンションのような...
住宅寿命とプランナーとの関係
住宅の寿命が長くなるということは、つまり新築住宅の数が減るということであり、プラ...
プランナー資格を必要とする建築物の種類
建築家の手がける建築物とは、一般住宅はもちろん、マンションや店舗、商業ビル、オフ...
インテリアプランナー関連の主な資格
インテリアプランナー関連の資格は、インテリアコーディネーター、1級・2級もしくは...

今注目のインテリアプランナー:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

インテリアプランナーの主な仕事

具体的なプランナーの仕事の流れ
インテリアプランナーの仕事の流れを具体的にいうと、 基本計画→基本設計→実施設...
基本設計への関わり方
基本計画に対するインテリアプランナーの関わり方にはさまざまなケースがあります。 ...
基本設計する際の重要点
基本設計する段階でプランナーに求められる能力とは、企画提案能力ですが、この企画...
情報収集する際の注意点
情報収集する際に大事なことは、好奇心や行動力を持つことであり、計画のために必要と...
インテリア設計するための基本的知識
インテリア設計するために必要な知識には、空間を決定づける建築的な設計知識と、その...
インテリアプランナーに必要な専門知識とは
プランナーに必要な専門知識には、仕上げ材料や家具、カーテン、カーペットなどのイ...
顧客に提供する知識として必要なものは
顧客に提供する知識には、流行すたりの激しくない建築やインテリアにおいても、今知...
センスを磨く方法
「よいインテリア」=(イコール)「豪華なインテリア」という感覚だった一昔前に比...
基本設計の製図に必要とされるもの
インテリアプランナーの製図には、基本設計と実務設計の2種類の段階があります。 基...
コストマネジメントとは
コストマネジメントとは、プロジェクトに必要な予算の金額に応じて、その予算を最大...
工事監理とは
工事監理とは、プランナーが設計図書を提出した後、進行している工事が設計図書どお...
一般住宅においてのインテリアプランナーの将来性
一般住宅のインテリアにおいて、インテリアプランナーよりもインテリアコーディネータ...
インテリアコーディネーターとは
インテリアコーディネーターは、快適な住宅環境を創造するスペシャリストです。 社...
インテリアコーディネーターの主な仕事内容
インテリアコーディネーターは、快適なインテリに仕上げるために必要な情報を売り、...

インテリアプランナーの主な仕事:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

インテリアプランナーの資格をとる方法

インテリアプランナーの資格制度
インテリア資格制度とは、総合的に質の高いインテリアを顧客に供給するために、プロ...
インテリアプランナー資格取得によるメリット
インテリアプランナー資格を取ることによって、各種の優遇措置や特典が得られるのはも...
資格制度のはじまり
昭和62年から始まったインテリアプランナーの資格制度は当初、試験と平行して、プ...
平成9年に改正されたインテリアプランナー資格制度
平成9年度に制度改正されたものは、受験資格の緩和です。 一次試験においては、改正...
インテリアプランナー資格の特典
プランナー資格を取得することで、その業界への就職が簡単になったり、一般の人に対す...
関連資格を受験するにあたっての有利な点
インテリアプランナー資格取得者には、関連資格の受験や高等学校教員資格認定試験の受...
インテリアプランナー試験の受験資格の制限 (1)学歴+実務経験
一次試験の受験資格は、満22歳以上の人なら誰でも受けることができますが、二次試験...
インテリアプランナー試験の受験資格の制限 (2)資格+実務、実務のみ
2つ目の二次試験の受験資格である資格と実務経験は次の通りです。 (1)一級建築...
試験の日程と受験に必要な金額
インテリアプランナー試験の一次試験の日程は毎年10月の後半の日曜日に実施され、二...
受験申し込みに必要な書類
受験者全員に必要な各種書類、必要なものは、受験申込書、写真2枚(縦5.5cm×...
試験科目と受験対策
一次試験の試験科目は、「建築一般」「インテリアⅠ(インテリア法規、インテリア装備...
インテリアプランナー試験の受験者数と合格率
平成6年度から10年度までのインテリアプランナー試験の受験者数は1000人ほど...

インテリアプランナーの資格をとる方法:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

インテリアプランナーの活躍の場所

日本インテリアプランナー協会協議会とは
インテリアプランナー資格取得者によって設立された「インテリアプランナー協会」は、...
インテリアプランナーの活躍できる業界・事業とは
インテリアプランナーは、幅広い建築物のインテリアを取り扱っているため、活躍する業...
インテリアプランナーの独立
インテリアプランナーの多くは、独立しても仕事がちゃんと続くのかという不安を抱きな...
自分を上手に売り込む方法
自分のファンを作るためには、自分自身や自分の作品をうまく売り込むことが大切です。...
マスコミが注目する作品とは
マスコミに取り上げられやすい、マスコミが注目する作品の特徴とは、他の人とは違う、...
設計料の目安
インテリアプランナーは、自分のマネー管理に気を配り、マネジメント感覚を磨くことが...
人気のあるプランナーの就職先とは
インテリアプランナーとして、最もグレードの高い物件を扱うことのできる職場である大...
インテリアプランナーになるために必要な学歴・実務経験
インテリアプランナーになるために学歴が必要かというとそうでもなくて、有名な建築家...
インテリアプランナーが必要とされる就職先 (1)工務店・リフォーム会社
コンサルティングや販売といった営業的な側面が重視されている住宅会社や工務店では、...
インテリアプランナーが必要とされる就職先 (2)住宅設備・エネルギー業界や不動産
住宅設備との関連が深い電力・ガスなどのエネルギー業界では、販売戦略の一環として、...

インテリアプランナーの活躍の場所:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

インテリアを知ろう

インテリアとは
「インテリア」という言葉が一般的になる前は、「室内」または「室内装飾」と呼ばれ...
日本の伝統的なインテリアとは
日本の伝統的なインテリアの代表として桂離宮の洗練された室内デザインは、海外にも...
インテリアが身近となるきっかけは洋室の導入
インテリアが身近となったのは、洋室の住宅の洋風化が進みだし、洋室というものが定...
関心の高まっているレベルの高いインテリアスペース
住生活の実質的な向上を求めるニーズが、いろいろなテーマを噴出するようになったのも...
インテリア市場の将来性
日本の住宅の多くは木造であり、西洋の石造などの住宅に比べると耐久性を意識せず建て...
いつごろからインテリア関係の資格が注目されだしたのか?
インテリア関係の資格が注目されるきっかけとなったのは、昭和58年の「インテリア...

インテリアを知ろう:詳しくはこちら

本・CD・DVDなどのネット古本買取専門サイト。専門書の買取や、参考書買取サイトなどもあり。