建築家も注目するインテリアプランナー


これまでのインテリアの仕事といえば、建築家によって建築設計の仕事の流れの中で行われるものであったために、装飾的な意味でいうとインテリア設計とは末梢的、つまりそれほど重要なものではありませんでした。
しかし、今日のインテリアは生活や仕事にとって体にふれる部分であるため、建築の本質的な部分として重要な存在となり、人々の支持を得て市場の幅を拡大しました。

今までの一般住宅におけるインテリアの仕事は、男性の場合だと話が噛み合わないことがあるため、多くの建築家は女性の視点を最重視し、女性のインテリア専門家に仕事を任せていました。
しかし、これからのインテリアの仕事は、新築住宅の数が減っていくという市場環境を予想して、建築家自身がインテリアの重要さを認識し、インテリアプランナーという資格は必要であると注目されるはずです。