プランナー資格を必要とする建築物の種類


建築家の手がける建築物とは、一般住宅はもちろん、マンションや店舗、商業ビル、オフィスビル、宿泊施設、学校、図書館、美術館、駅、役所などですが、この中で特にインテリアの知識とセンスが必要とされるのは商業施設です。
なぜなら、商業施設のインテリアは依頼者の今後の経営成績を左右する重要な要素であるために、依頼者の希望に十分に応える必要があり、お客様がまたこの店に来たくなるような個性的な、魅力のあるインテリアデザインを要求されるからです。

これまでの建築家の場合、商業施設のインテリアは専門家と組んでいましたが、一般の人々のインテリアセンスが向上している今日において、小規模の店舗つき住宅を建築する際もインテリア専門性が求められるため、インテリアセンスを持つことでビジネスチャンスを広げることになります。
つまりプランナーとは、建築市場で生き抜くための必須の資格なのです。