インテリアプランナー関連の主な資格


インテリアプランナー関連の資格は、インテリアコーディネーター、1級・2級もしくは木造建築士、照明コンサルタント、カラーコーディネーター(1,2,3級)、福祉環境コーディネーターなどがあります。

インテリアプランナーは建築省系資格ですが、インテリアコーディネーターは通産省系資格で、主に商品の流通・販売に関心を置いています。
建築士は建築設計において定着している資格制度であり、1級・2級・木造のそれぞれの資格は、取り扱うことのできる建築物の規模や構造の違いによって分けられています。

マンション特有の難しい問題である区分所有に対応するのが、マンションリフォームマネージャーであり、インテリプランナーの職能を特化させた、ショップや飲食店、ホテルなどを設計するスペシャリストを商業施設工といいます。
また、キッチンスペシャリストは主にシステムキッチンの設計をし、照明コンサルタントは照明計画のスペシャリスト、カラーコーディネーターは色彩計画を専門とし、福祉コーディネーターは新しい資格です。