インテリアプランナーになるための必要能力とは


まず必要な能力は、インテリア空間をより高いレベルで実現するためのインテリア設計に対する企画力や創造力、知識、センスです。
また設計を形にする製図力、プレゼンテーション能力は欠かせません。
しかも、インテリアの範囲だけでなく建築も含め、美術や各種デザインに関する知識も必要です。

次に必要な能力とは、顧客の希望するインテリア空間を実現させるための資質ですが、自分の感性をスペース(空間)に反映させるというインテリアプランニングを行い、自分の個性を前面に押し出せるという人はなかなかいません。