インテリアプランナーに向いているのは男性?女性?


現在のインテリアプランナー資格者の90%は男性であるというのが現状で、これはプランナー資格の元になっている建築士資格者に男性が多いためです。
しかし、最近では女性のパワーが強くなって、プランナー資格試験合格者のうち35%が女性となっていて、インテリア市場は女性を抵抗なく受け入れています。

女性の進出が目立ってきた大きな理由とは、インテリアコーディネーター資格試験が浸透してきた影響によるものです。

コーディネーター資格はインテリア商品の販売・流通を重視しており、試験内容にコンサルティングを含むなど、顧客を満足させることを大切にしています。
さらに、男性の独壇場ともいえる建築・インテリアの世界に進出するために、仕事に対してとても熱心に取り組んでいる女性のほうが、顧客の面倒をよくみることができます。

コーディネーター資格を取った女性は、インテリアの仕事に参入するため、専門的な設計技術を習得して、プランナー資格を取り、仕事の幅を広げようとする、このような姿勢を男性も見習う必要があります。