インテリアプランナーの必要性


インテリアスペースを供給する際に、住む人やオーナーなどの要望に対した空間を創造するという、レベルの高い、知性のある、プロフェッショナルな作業が必要となります。

この作業とは、インテリア設計において、顧客の要望を確実に聞いてインテリアに反映する、計画を立てて図面を作る、価格・品質などの管理を行う、施工を管理することなどがあります。
この作業をするのがインテリアプランナーであり、特殊な空間の場合にはこれらに加え、出店計画・採算計画などの知識が必要になります。

インテリアの需要が拡大した今日、インテリアの意識が低かった時代に比べて、商業施設や公共施設などに、よりレベルの高い、多様化したインテリアスペースが要求されます。
そのため、インテリアやその専門分野ごとに特化した専門家(インテリアプランナーやインテリアコーディネーターなど)が多く求められるようになりました。