インテリアプランナーへの注目度


インテリアコーディネーターが、次に取りたい資格としてあげられているのがインテリアプランナーです。
インテリアコーディネーター資格は、インテリア業界への入門資格であり、このワンランク上の資格がインテリアプランナーなのです。

コーディネーターはインテリア製品の販売(流通)を促進させるためのコンサルティングを重視しており、インテリア計画、設計、監理する技術や知識を認定されたプランナーに比べ、建築の設計や施工に関する知識や技術に乏しいという見方をされています。
コーディネーターはこれらの乏しい点を補い、克服するために実務上の必要性に迫られた切実な意識を持ち、プランナーという資格に注目しているのです。