インテリアコーディネーターの主な仕事内容


インテリアコーディネーターは、快適なインテリに仕上げるために必要な情報を売り、顧客の希望に応じて住宅や家具、内装材を売る仕事をします。

インテリアコーディネーターの仕事は、居心地よくすることが使命であり、さまざまな知識と情報収集する能力、感性や美的センスなどが必要とされるため、知的な仕事であるといえます。
また、インテリコーディネーターの仕事は、住宅メーカーなどで顧客の希望に沿って照明や壁の色などを決める仕事や、デパートのインテリアコーナーで顧客が家具やカーペットを選ぶための手伝いをする仕事など、働く場によってさまざまです。