具体的なプランナーの仕事の流れ


インテリアプランナーの仕事の流れを具体的にいうと、
基本計画→基本設計→実施設計→工事監理→アフターメンテナンスの順に進んでいきます。

基本計画ですることは、初めに顧客のニーズを確実に聞き取り、作ろうとする空間の基本的な構想をまとめ、物件の建築条件・立地条件を調査し、顧客が十分満足するものであることを確認した上で、顧客に基本構想を提案します。

基本設計では、基本計画を図面やプレゼンテーションボードに起こして顧客の承諾を得てから、概算の予算、設備や仕様の決定を行います。

実施計画では、設計図書を作成し、施工の実施計画を立てた後、決定事項に基づき、積算見積もりを作成します。
この段階で描かれる図面には高い精度が要求されます。

工事監理では、工事進行中に設計図書に基づいた監理を行い、アフターメンテナンスにおいては、運用・管理の支援、または将来の施設変更への参画を行います。