情報収集する際の注意点


情報収集する際に大事なことは、好奇心や行動力を持つことであり、計画のために必要となる各種データや最新の情報などを取材する能力です。
つまり日常生活において、人々の集まる場所などにどのような装置や環境が適しているかをよく観察して、知識を蓄えることが必要です。

建築において最も基本となる活動といえば敷地調査であり、インテリアにおいては現状調査といいます。
この調査をすることによって、法規的に、また現状の状況などからいろいろな建築の制約が生じてきます。

インテリア計画において重要となるのが、図書館や美術館、ホテル、医院、劇場、映画館などのいろいろな建築物の専門的な知識や情報です。
例えば、店舗の出店計画の場合に必要な知識とは、取り扱う商品の知識や立地条件の情報を採算分析すること、また商品に適したインテリア空間とエレメントの知識や店舗内広告(POP)などの販売促進の知識です。