センスを磨く方法


「よいインテリア」=(イコール)「豪華なインテリア」という感覚だった一昔前に比べて、現在では「よいインテリア」=「全体的な調和の中で、快適な空間を演出しているインテリア」が求められています。
これとは逆に、わざと調和を崩したチープでミスマッチなインテリア空間も、それぞれの個性として取り入れられています。

このような時代の空間設計に必要とされるプランナーなどのインテリア専門家は、空間をトータルに把握し、また演出するセンスを身につける必要があります。

また、顧客が漠然と考えたイメージの希望も、選択するテクスチャーによって雰囲気が180度変わることもあるので、このような場合には材料の選び方による完成イメージの違いを簡単、明確に伝達し、全体イメージに合った選択をする能力が必要とされます。
このような能力は決してあきらめずに、実務の積み重ねや積極的に学習・研究することにより身につきます。