工事監理とは


工事監理とは、プランナーが設計図書を提出した後、進行している工事が設計図書どおりに行われているかどうかをチェックすることをいいます。

設計業務とは別の段階の仕事である工事監理は、プランナー本人が行う必要はありませんが、プランナーの仕事の流れの最後の締めくくりとして組み込まれています。

インテリアプランナーは、施工業者と設計図書を通じて会話するだけでなく、施工計画を立てる段階で打ち合わせ会議などを行い、直接会話する場合もあります。
この場合、プランナーに必要なのは、自分の考えを的確に施工者に伝えることです。
また、外したくないポイントなどを理解してもらうため、施工現場をよく調べて、発生しやすい失敗や、施工者とのコミュニケーション能力を高めることが大切です。