平成9年に改正されたインテリアプランナー資格制度


平成9年度に制度改正されたものは、受験資格の緩和です。
一次試験においては、改正前までは学歴や建築士の資格、または長期の実務経験が必要であったのが、建築系の学歴やインテリアの実務経験がない人でも、年齢が満22歳以上であれば誰でも受験できるようになりました。
また二次試験においては、改正前までは11年以上の実務経験が必要であったのが、インテリアコーディネーター資格取得者の場合ではインテリアに関する実務経験が2年以上、インテリアに特化した実務経験が6年以上であれば受験できるようになりました。

この他にも受験方法を改正されたものとして、「建築士」や「インテリアコーディネーター」などのインテリア関連資格を持っている人は一次試験の一部が免除されるようになったこと、二次試験に落ちた場合に、翌年から4回、一次試験が免除されるようになったことなどがあります。