インテリアプランナーの独立


インテリアプランナーの多くは、独立しても仕事がちゃんと続くのかという不安を抱きながら、いずれ独立して事務所経営することを目指しています。

インテリアプランナーの仕事は、自分の好きなペースで数に制限なくものを作り、販売ルートに乗せるだけという仕事とは大きく違い、一つの仕事にかける時間が長く、いっぺんに受け入れることのできるキャパシティー、つまり仕事の幅が決まっているため、決まった範囲以上の仕事を受けると品質低下や作業延滞などの失敗を招く恐れがあります。

このようなミスをして仕事に悪影響を与えないためにも、また安定した独立経営を営むためにも、何ヶ月先まで予約で埋まっている有名レストランや、行列のできるラーメン屋さんなどのように、現在の仕事が終わるまで待っていてくれるような「ファン」を作ることが大切です。