設計料の目安


インテリアプランナーは、自分のマネー管理に気を配り、マネジメント感覚を磨くことが大事です。
プランナーの主な収入は、インテリア設計料によるものですが、この設計料の基準ははっきりとは定着していません。
インテリアプランナーの場合、設計料の基準はインテリアデザイナーの設計料を基準としている人が多く、インテリアコーディネーターの場合も設計料の設定がはっきりしておらず、設計料に家具などの販売手数料を加えた形や、設計料はなしで販売手数料だけをもらう形のどちらかです。

インテリアプランナーは、インテリア設計において、家具やカーテン、カーペット、設備機器、照明などのインテリア商品や部材を扱っているインテリアエレメントのメーカーや輸入業者と関わることが多いため、業者との提携を積極的に考える必要があります。