インテリアプランナーになるために必要な学歴・実務経験


インテリアプランナーになるために学歴が必要かというとそうでもなくて、有名な建築家やインテリアプランナーの中には、大学には進まずに小規模なゼネコンや設計事務所、デザイン事務所などで、下積みから経験を重ねて腕を磨いている人がたくさんいます。

工務店を拡大したほどの規模の企業である中小ゼネコンは、地方で活躍している「地場ゼネコン」のことです。
この規模の企業では、設計者やインテリアプランナーなどを地元の大学・専門学生から採用することが中心とされていますが、実務経験の有無が重視されるため、地域によって採用の仕方に差が出てきます。

学歴や実務経験、プランナー資格がない人は、小規模なゼネコンの施工会社や、個人経営の小規模な設計事務所やデザイン事務所などで経験を積みます。
収入が低いというデメリットもありますが、実務経験が積め、プランナーや建築士などの受験資格を得ることができます。