日本の伝統的なインテリアとは


日本の伝統的なインテリアの代表として桂離宮の洗練された室内デザインは、海外にも広く認められています。

伝統的な日本住宅にみられる畳を敷いた和室の特徴は、一つの部屋でいろいろな用途に兼用できるという点がありますが、大きな家具は限られたものとなり、インテリア(室内装飾)も部屋の用途に合わせることが難しくなります。

和室においてのインテリア対策として、床の間の形を工夫する、床柱に銘木を使うなどがあります。
この他には「しつらえ」という、時に応じていろいろな道具を組み合わせることによって「インテリア」を演出する方法が発達しました。