関心の高まっているレベルの高いインテリアスペース


住生活の実質的な向上を求めるニーズが、いろいろなテーマを噴出するようになったのも、インテリアに対する人々の意識がバブルが崩壊した後も弱まることがなかったからです。
テーマの例えとして、高齢化する社会に対しての対応や住宅の健康への影響、環境問題と関係している住宅の省エネ対策などがあります。

人々の意識は、贅沢をしなくても快適な生活を送りたいという欲求を持ち始め、単に部屋を飾りたてるのではなくて、生活に密着した一段と高いインテリアスペースを求めるようになりました。

そして、この意識の高まりに影響され、小規模なショップや飲食店、ホテルやオフィスなどの商業施設や公共建築にも一段とセンスの高い空間が求められるようになり、インテリア市場において数多くの優れたプランナーの輩出が求められるようになったのです。