インテリア市場の将来性


日本の住宅の多くは木造であり、西洋の石造などの住宅に比べると耐久性を意識せず建てるという伝統がありました。

江戸時代において木造家屋の密集による火災の頻発により、住宅は壊して新しく建て直すという「スクラップ・アンド・ビルド」の意識が定着しました。
火災による家屋焼失は建築需要が盛り上がり、景気がよくなるという事実により火事を待ち望む傾向があり、このような傾向は最近まで残っていました。
ここ最近では、このスクラップ・アンド・ビルドの時代は過去のものとなり、長寿命住宅(建築)の時代に向かっています。

日本においての住宅のフロー(建て替え)の割合が、他の国と比べて高いというデータ結果が出ていましたが、最近の住都公団や民間の住宅メーカーなどは長寿命化を目指す傾向にあり、時代は新築からリフォームリニューアルへ移り変わろうとしています。