いつごろからインテリア関係の資格が注目されだしたのか?


インテリア関係の資格が注目されるきっかけとなったのは、昭和58年の「インテリアコーディネーター」の資格試験制度の登場です。
この資格は、インテリアブームの火付け役であり、需要が高まっている住宅インテリアに注目した点、またこの資格を取得することが、女性のライフワークにとって有利だった点などが大きな要因となり、メジャーになりました。

この資格の他に、昭和62年から始まった「インテリアプランナー」資格試験や、「商業施設士」「マンションリフォームマネージャー」「キッチンスペシャリスト」などの資格が認知され始めました。